実家のある入間で注文住宅を建てた

実家のある入間で注文住宅を建てた

いざ注文住宅を入間に建てるとなると、まずはじめに土地が大事になってくる。
私が考えていた家を建てるために必要な広さから土地はどのくらいになるのかも考えなければいけなかった。
しかし、その点に関してはなんとかクリアすることができ、いよいよ家つくりに向けて様々な話し合いが行われた。
最初に大まかな相談をし、自分たちにどれくらいの資金があるかを考慮したうえで、最初に話した家とどのくらい違いがでるのかなどを話した。
資金のなかで満足のいくものにしようとスタッフの方もいろいろ相談にのってくれた。
そして設計図をつくり、修正点があったら相談して直したりとまさに二人三脚で家つくりを進めていった。
見積もりをしていざ設計に取り掛かってもらい、家ができていく様子をゆっくりと見ることができた。
最初から最後まで私も関わってつくることができたので、本当に満足のいくものとなった。
これで入間での注文住宅にしたことで、最高の生活が始めることができてとても幸せだ。