ビタミンc誘導体を知っていますか?

ビタミンc誘導体を知っていますか?

私は男なのですが、最近、顔がガサガサになっていて皮が剥けたりしていたので、気になって肌のことを調べてみました。
そうしたところ、皮膚が剥がれて生まれ変わるターンオーバーと呼ばれる、本来なら皮膚の持っている働きが弱くなっていることを知りました。
どうにかならないものかと、調べてみたところ、ビタミンc誘導体なる成分が良いと載っていて、あれこれ調べてみました。
今回は、このビタミンc誘導体について、男からの考えを混じえて紹介していこうと思っています。
まず、「ビタミンc誘導体とは何?」って話なんですが、ビタミンcを肌に浸透させるための、新しい成分といったところです。
ビタミンcは抗酸化作用も認められている、身体に良い成分で、風邪を引かないように摂ると良いと昔から言われていますよね。
そんなビタミンcなのですが、実は、ものすごく熱に弱く、すぐ壊れてしまうものなのです。
ビタミンc誘導体は、そんなビタミンcを加工して誘導体化(浸透しやすく)したものになります。
肌に使用する場合には、皮膚に浸透してからビタミンcが染み込むようにした化粧品が良いようです。

種類もさまざまビタミンc誘導体の化粧品

ここでは、ビタミンc誘導体のことに説明をしています。
商品としまして「水溶性」「油溶性」「水溶性+油溶性」といった、3種類の誘導体化されたものが販売されています。
では、どういったものがあるのかを紹介していきましょう。
まずは、水溶性のものは、水分の中にビタミンcを閉じ込めて誘導体化したものになります。
化粧水や美容液といった、化粧品に配合されています。
女性の場合は、この化粧水や美容液でしっかりと保湿して、ベースを作っているんですよね。
美を保つとはいえ、大変な努力だと思います!次に、油溶性のものは、油の中にビタミンcを閉じ込めて誘導体化したものになります。
こちらは、美容クリームなどの化粧品に配合されているとのことです。
クリーム状のものは、手荒れなんかに使用したりしますよね。
次に、水溶性と油溶性を併せ持ったものは、先の2つよりも、さらに浸透力が増したものだそうです、価格も高くなっているものなのかも知れませんね。
この肌への浸透力を高めたビタミンc誘導体なのですが、どんな人にでも合うといったわけではありません。
皮膚がドライで乾燥ぎみな人の場合は、刺激が強すぎる場合もあるとのことです。
そういった場合は、少量ずつ使っていくことが大切みたいです。

しみ対策にも良いビタミンc誘導体

この肌のガサガサに関することを調べていたら、ちょっとショッキングな話を知ってしまいました。
肌がガサガサしたままでいると、しみになってしまうという話なんです!男だとしても、しみだらけでシワシワの顔にはなりたくないものです。
この問題もビタミンc誘導体が解決してくれます!しみが増える原因として、活性酸素やメラニンの生成が問題みたいですね。
若い肌の場合には、これらを抑制する能力があるのですが、年を取ることで弱くなってしまうそうなんです。
そんなターンオーバーが上手くいってない場合にも、正常化させるためにビタミンc誘導体は有効になります。
さきにも伝えたように、肌がガサガサということは、ドライな肌の場合があるので、短期間では、ターンオーバーが正常になるわけがありません。
効果が出てくることを期待して、気長に使用していきましょう。
ビタミンc誘導体はなぜお肌に良いのか?
効果が出てくると、今後のしみ予防にもなってくるそうなので、楽しみになりますね。
今回は、ビタミンc誘導体の化粧品などについて紹介をしてきました。
私も、このガサガサな顔を何とかしたいので、化粧水や美容液を購入してみたいと思っています!