実家のある入間で注文住宅を建てた

いざ注文住宅を入間に建てるとなると、まずはじめに土地が大事になってくる。
私が考えていた家を建てるために必要な広さから土地はどのくらいになるのかも考えなければいけなかった。
しかし、その点に関してはなんとかクリアすることができ、いよいよ家つくりに向けて様々な話し合いが行われた。
最初に大まかな相談をし、自分たちにどれくらいの資金があるかを考慮したうえで、最初に話した家とどのくらい違いがでるのかなどを話した。
資金のなかで満足のいくものにしようとスタッフの方もいろいろ相談にのってくれた。
そして設計図をつくり、修正点があったら相談して直したりとまさに二人三脚で家つくりを進めていった。
見積もりをしていざ設計に取り掛かってもらい、家ができていく様子をゆっくりと見ることができた。
最初から最後まで私も関わってつくることができたので、本当に満足のいくものとなった。
これで入間での注文住宅にしたことで、最高の生活が始めることができてとても幸せだ。



入間で注文住宅を建てたいと思ったら

小さい頃から自分で好きな家が建てられたらどんなに素敵だろうと考えて早数十年。
ついにこの入間で注文住宅を建てようと、私は決心した。
自分で考えた家を建てるのは、とても難しいことでどうすればいいのか悩んでいたところ、会社の同僚で最近家を建てたと話をしたので、彼の家にお邪魔することになった。
彼の家はとても広く、話を聞いていると色々なところにこだわりがあったが、ほとんど受け入れてもらって建てた家だから、満足していると言っていた。
なぜかというと全部注文をして建ててもらったというのだ。
そこから私も幼い頃からの夢だった、自分の建てたい理想の家を建てることができると知った。
そのためにはまず、自分の住んでいるエリアに対応しているところを探さなければいけないと思い早速色々調べてみることにした。
私の場合両親が住んでいる入間に自分も家を建てたいと思ったので、それが可能である注文住宅をしてくれるところを探してみることにした。

注文住宅は入間でどのような感じなのか

入間は小さい頃から馴染みのあるところで、とても住みやすいところなので、ここに自分も家を建てたいと思い、注文住宅で建てようと決心した。
以外にも周りの家にもそういうふうな家があったり、最近の流行でもあるのか、自分好みの家にして幸せに生活している人もいるという話を聞いた。
まずはそのサイトについて調べてみると、家をつくるまでの流れが書かれていたので、最初に資料請求をすることにした。
今まで建てた家の例などを参考に、自分だったらどんなふうにしたいのかを想像しながら、考えるのはとても楽しかった。
子供はまだ小さいので、奥さんと二人でどんな風にしたいのかも資料を見ながらたくさん話し合った。
自分たちの中で大体決まったので、そのサイトの相談会に参加することに決めた。
入間で自分専用の注文住宅を建てる
建てるのはもちろん入間と決めているので、あとはどんなふうな注文住宅にしていきたいのかを、事前に奥さんと話し合いで決めていたことを話してみることにした。



念仏宗の基本理念となる仏教の世界観

仏教には人が死んだあとにどうなるかを、二つの世界に分けて説明しています。
この二つの世界とは輪廻する世界と輪廻しない世界のことを指します。
念仏宗でも同様の世界観が教えられており、仏教の代表的な世界観とされています。
輪廻するとは、人の死後はその徳の有無により6つの世界のいずれかで生まれ変わることを指し、それぞれの世界を地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人動、天道と呼んでいます。
こうした世界は念仏宗の教えでも欠かさず教えられ、生前の功徳の大切さを説いています。
地獄道は生前に罪を犯した者が堕ちる苦しみと恐怖の世界、餓鬼道は生前に人を恨んだり羨んだりした者が落ちるとされています。
畜生道は人間以外の生き物を指し、生前に非道徳、非倫理的な生き方をしたものが堕ち、修羅道は争いが起き、戦いが止むことのない世界です。
念仏宗を学ぶ教徒を含む人が存在する世界、それが人道です。
そして天道は天界と同義とされ、神が住まう世界です。
それでも有限の時を超えることはできず、いずれ輪廻転生を迎えることとなります。
こうした有限の世界に対し、すべての煩悩から解放された世界が涅槃と呼ばれる極楽浄土であり、念仏宗の教える理想の世界なのです。



念仏宗でも重要な役割を持つ如来とは?

念仏宗はもちろん、仏教には阿弥陀如来や釈迦如来、そして大日如来など仏教には複数の如来が存在します。
それでは如来とは一体どのような存在を指すのでしょうか。
仏教の教えでは「真如から来た者」を指し、釈迦と同一視されます。
よりわかりやすく言うと「悟りを開き、真理に目覚めた者」と言えるでしょう。
如来と仏は同じ意味を指すため、大日如来や釈迦如来は阿弥陀仏や釈迦仏と呼ばれることもあります。
念仏宗でもその意味は変わらず、自ら大宇宙における真理を悟り、その真理のままに行ずる存在です。
如来の筆頭格とも言える阿弥陀如来は正しい行いと念仏により浄土に生まれたいと願うものが臨終を迎える時に際して現れる仏とされています。
死後の世界をつかさどる阿弥陀如来はこうした人々に対して死後の安泰・幸福を約束してくれる一面もあることから多くの教徒たちから絶大な信仰を得ています。
念仏宗でも重要な役割を担う阿弥陀如来は、死後の世界を統べる阿弥陀如来は尽きることのない寿命を持ち、限りない光に包まれています。

釈迦の教えを伝える念仏宗の経典

経典はあらゆる仏教において、釈迦の教えを伝えるとても大切なテキストとして読み継がれてきました。
もちろん念仏宗でもそれは変わらず、毎日経典による勤行が習慣・通例となっています。
それでは経典の具体的な内容はどのようになっているのでしょうか。
その内容は、釈迦が35歳の時から悟りを開いて亡くなる80歳までの45年間にかけて教えられたものであり、仏の教えでもあることから仏典と呼ばれることも。
45年間すべての教えを書き遺した仏典を一切経と称し、その数は7,000巻以上あると言われています。
念仏宗でも欠かせない存在となっている般若心経は600巻程度となっており、その内容は執着心から解き放たれ、自由とされる心の境地へ至ることを思想としています。
この思想を「空」と言い、この境地に立った時に人は心身共に解放され、真の自由が得られるとされています。
念仏宗を信じることで、人生は豊かになる
釈迦のありがたい教えが凝縮された般若心経は、西遊記で数々の魔物を撃退するなど、厄除けとしての信仰も得ています。
念仏宗でも毎日のように目にする経典。
その根底には釈迦の救いに対する切実な願いが込められているのです。



ビタミンc誘導体を知っていますか?

私は男なのですが、最近、顔がガサガサになっていて皮が剥けたりしていたので、気になって肌のことを調べてみました。
そうしたところ、皮膚が剥がれて生まれ変わるターンオーバーと呼ばれる、本来なら皮膚の持っている働きが弱くなっていることを知りました。
どうにかならないものかと、調べてみたところ、ビタミンc誘導体なる成分が良いと載っていて、あれこれ調べてみました。
今回は、このビタミンc誘導体について、男からの考えを混じえて紹介していこうと思っています。
まず、「ビタミンc誘導体とは何?」って話なんですが、ビタミンcを肌に浸透させるための、新しい成分といったところです。
ビタミンcは抗酸化作用も認められている、身体に良い成分で、風邪を引かないように摂ると良いと昔から言われていますよね。
そんなビタミンcなのですが、実は、ものすごく熱に弱く、すぐ壊れてしまうものなのです。
ビタミンc誘導体は、そんなビタミンcを加工して誘導体化(浸透しやすく)したものになります。
肌に使用する場合には、皮膚に浸透してからビタミンcが染み込むようにした化粧品が良いようです。

種類もさまざまビタミンc誘導体の化粧品

ここでは、ビタミンc誘導体のことに説明をしています。
商品としまして「水溶性」「油溶性」「水溶性+油溶性」といった、3種類の誘導体化されたものが販売されています。
では、どういったものがあるのかを紹介していきましょう。
まずは、水溶性のものは、水分の中にビタミンcを閉じ込めて誘導体化したものになります。
化粧水や美容液といった、化粧品に配合されています。
女性の場合は、この化粧水や美容液でしっかりと保湿して、ベースを作っているんですよね。
美を保つとはいえ、大変な努力だと思います!次に、油溶性のものは、油の中にビタミンcを閉じ込めて誘導体化したものになります。
こちらは、美容クリームなどの化粧品に配合されているとのことです。
クリーム状のものは、手荒れなんかに使用したりしますよね。
次に、水溶性と油溶性を併せ持ったものは、先の2つよりも、さらに浸透力が増したものだそうです、価格も高くなっているものなのかも知れませんね。
この肌への浸透力を高めたビタミンc誘導体なのですが、どんな人にでも合うといったわけではありません。
皮膚がドライで乾燥ぎみな人の場合は、刺激が強すぎる場合もあるとのことです。
そういった場合は、少量ずつ使っていくことが大切みたいです。

しみ対策にも良いビタミンc誘導体

この肌のガサガサに関することを調べていたら、ちょっとショッキングな話を知ってしまいました。
肌がガサガサしたままでいると、しみになってしまうという話なんです!男だとしても、しみだらけでシワシワの顔にはなりたくないものです。
この問題もビタミンc誘導体が解決してくれます!しみが増える原因として、活性酸素やメラニンの生成が問題みたいですね。
若い肌の場合には、これらを抑制する能力があるのですが、年を取ることで弱くなってしまうそうなんです。
そんなターンオーバーが上手くいってない場合にも、正常化させるためにビタミンc誘導体は有効になります。
さきにも伝えたように、肌がガサガサということは、ドライな肌の場合があるので、短期間では、ターンオーバーが正常になるわけがありません。
効果が出てくることを期待して、気長に使用していきましょう。
ビタミンc誘導体はなぜお肌に良いのか?
効果が出てくると、今後のしみ予防にもなってくるそうなので、楽しみになりますね。
今回は、ビタミンc誘導体の化粧品などについて紹介をしてきました。
私も、このガサガサな顔を何とかしたいので、化粧水や美容液を購入してみたいと思っています!